100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

今年の予想2013

今年の予想2013

まったく根拠はないですが、今年の予想をしてみたいと思います。私の比較的得意なIT系を予想しておきます。

基本的に、この分野はソフトバンク系の動きを見ていれば大きく外しません。iPhone・LTE・ソーシャル・スマホファースト・クラウドというキーワードへの取り組みなどなど。

最近はヤフージャパンの動きがフレキシブルなので、こちらを見るのが正解なのかも。今大人気のパズドラもソフトバンクグループのガンボーですから。

ソーシャル系

ありきたりですが、今年も伸びると思います。乱立・競争激化は目に見えるところですので提携や買収が今年以上に進むと思います。

またアメリカにソフトバンクが夏ごろスプリントを足がかりに進出の予定です。これを機に動きが出ると期待しているのですが、どうでしょう。個人的にはサイバーエージェントが躍進すると思っています。

家電メーカーとスマホ

苦しくなる企業が増えるでしょうが自民党があっさり見殺しにするとは思えず、統廃合や救済の流れになるのではないでしょうか。

また最近GoogleがAndroidに対し、各メーカーによる過剰な作り込みを禁止しているという噂。スマホユーザーが5割を超えますし、本当ならますます各メーカーの独自技術での差別化が難しくなると思います。

勝ち組と負け組がはっきりする1年になるのではないでしょうか。注目は垂直統合モデルでのスマホ販売を目論む、モトローラとマイクロソフト。ちなみに直近でモトローラが出したAndroid端末の展示品を触りましたが、かなりいい出来であると感じました。

GooglePlayも強烈に伸びてきていますので楽しみです。

クラウド、業務システム

これも前述の通り、スマホ率が5割を超えますのでスマホファーストの作り込み、売り込みが出来るところが強いと思います。私の会社もオンプレからクラウドに移行しましたが、便利です。

データの安全性や保全性など言われますが、多くの一社員が持てる情報程度ではそれは不要で、生産性の向上のメリットの方が勝ると個人的には思いますね。もちろん業種により様々でしょうが。

正月早々こんな長い記事を書いてしまいましたが、それだけ暇なんです。と思っていたらちょうど今、英語の教材がAmazonから届きましたので英語の勉強をはじめようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top