100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

持っていたいネット企業

持っていたいネット企業

今は原資が少ないので手が回りませんが、仮に倍の資金があれば持っていたいネット企業は以下です。(買っていた企業もありますが)

お金があれば買いたいIT企業

・ドワンゴ
・サイバーエージェント
・ネクスト
・一休
・カカクコム

共通点は過去に一相場作った事があり、既存事業でのCFを活かしつつ、次の事業に投資を続けている企業です。今持っているウチヤマHDもそうなのですが、こういう会社は私は大好きです。

業績を伸ばすには2つの考えがあると思います。

既存事業を伸ばすか、新しい事業に取り組むか。

前者は会員増や出店だったり、コスト削減であたったりと足し算引き算の事業計画や進捗になりやすいのですが、後者は掛け算割り算で考える事ができます。それは既存事業とのシナジーですね。

既存事業の会員数や事業面が新しい事業とマッチした場合、新規事業と既存事業のクロスセルやアップセルが期待できます。

反面、経営者のリソースは100しかありません。

(事例)サイバーエージェントで見てみよう

その為、既存事業のハンドリングを誤ると割り算で一気に崩れる事も多いですが、これらの企業はその心配は薄いでしょう。事例で見ますと、サイバーは金融や創業事業のネット広告のCFを活かしAmeba事業を開始。当時は赤字でしたが、現在はアメブロがメディアの一つまで成長しています。

メディアを自社で持つ事で既存の広告事業も以前より少ないリソースで利益を上げております。そして次はゲームですね。

広告事業×Ameba事業×ゲームで収益を上げる構造。相互での会員融通やサービスの拡充で掛け算での事業展開が見込めます。

これが広告事業特化のままでしたら案件の増減だけの構造になり、クロスセル・アップセルはあまり期待できないですね。ネクストだけは既存強化に見えますが、裏側は新規とのクロスをしやすくするのが目的だと私には見えるので、こちら側に入れました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top