100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

当面の投資の方針(2013)

当面の投資の方針(2013)

株価も上がっており、最近行動に一貫性がないので改めて、整理したいと思います。最近一貫性がないので、もしかしたら書いてあることと違う事をしているかもしれません(笑)

ルールを定めません

まず、投資の方針ですがルールや制約を明確に定めないようにしています。自由に売買が出来るのが個人投資家のいいところです。それをルールや制約で縛るのは個人投資家の唯一の長所を阻害します。

それ以外は至って普通です。買いのポイントは、基本的には市場の動向を見て、事業売却以外の理由で減収減益でない会社を買います。市場動向に合っていれば減収減益でも買う事はありますが、減収減益になるには理由がありますので、増収か増益は満たして欲しいポイント。

ちなみにPERやPBRは参考にしますが、これだけで安いから買うということはあまりしません。これらが安いのにも理由があると思いますので、単純にこれを鵜呑みにしないようにしています。

企業を選ぶ際に確認しているのは、以下の4点。
「同業他社と差別化のポイントがある」
「既存事業で得るCFを新規事業に投資している」
「直近でM&Aか事業売却をしている」
「決算説明会資料を作成している」

最近はすぐに株価が上がるので取り急ぎ上記4点のうち2点でも満たせば買いを入れています。昨年はこれらの4点をじっくり調べましたが。後は売却のタイミングですが、これは勘です。下手売りが私の基本ですので後悔前提で売りたい時に売ります。利益確定でも損切りでも。

数字によるルールを定めて買って売って後悔はしたくないので繰り返しになりますが、ルールは作りません。しかし改めて書いてみるとひどい投資方針ですね。

マネしないでください。(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top