100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

ビッグデータ関連銘柄2013年

ビッグデータ関連銘柄2013年

bigdata
私は再三、IT関連はソフトバンクの動きを見ればよいと当ブログで記載しております。

ではなぜソフトバンクかと言いますと単純にトレンドを見つけるのが早い・うまい・外しにくいからです。もちろん大外れもありますが金になるトレンドについて、あまり外していません。

SNSやソーシャルゲームでは出遅れを指摘されましたが、一周回ってガンホーはソフトバンクの連結になりました。twetterやfacebookはユーザーとしての利用、中国への同様事業の投資でやはりカバーしています。そのソフトバンクが言い出していて、私が気にしているのが3点。

1,O2O
2,アメリカでのモバイルインターネット
3,ビッグデータ

O2Oとビッグデータは緊密に関係しますので実質2点。

注目の講演「ソフトバンク流BIGDATA経営術!」

■ソフトバンク流ビッグデータの経営活用術とは?孫社長がOracle CloudWorldで基調講演

記事を要約すると、「ビッグデータで解析した結果を元に改善・行動をしているからソフトバンクは好調なんです。」というもの。

ビッグデータ自体は単なるワードでしかないと思います。IT業界は既存の技術の組み合わせでも新たな言葉を生み出し、いい意味でも悪い意味でも飯の種にしています。つまり重要なのは、金になるワードかどうか。

ソーシャル、クラウドは金になりつつあるワードになっています。私はビッグデータは金になるワードだと思います。理由としては3点です。

ビッグデータが金になるワードである理由
・既にマーケティングという名で企業は費用として
 投資している。
・ビッグデータ自体は新しい事ではなく解析・蓄積の
 技術革新によるもの。
・企業の売上UPが見込める。

主に3点目が重要です。売上につながる予算はどの会社でも紐がゆるいものです。

まだまだ書きたいのですが、長くなりましたので私のビッグデータに関する考え方はこの辺で。最後に私が調べた関連銘柄です。

■ビッグデータを使う側

・クックパッド
・ローソン
・イオン
・ソフトバンク
・ヤフー

■ビッグデータを(活用する方法を)提供する側

・日本オラクル
・ブレインパッド
・オプト
・日立
・富士通
・NEC
・NTTデータ
・日本ユニシス
・ヤフー

個人的に買いたいのは一番大手のオラクルか一番時価・売上が軽量なブレインパッドです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top