100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

四季報が発売!効果的な使い方とは?

四季報が発売!効果的な使い方とは?

いよいよ本日四季報が発売になりました。(定期購読は昨日ですかね。)

一年で最も大事と考えている、春号です。理由としては先日お伝えした通り、3月期決算の企業が日本には多く、来期の見通しなどもより詳細になるからです。

あえて、本日買って月曜日の買いを期待するのもいいでしょうし、長期的な視点からじっくり週末検討するのもいいでしょうね。私は今回は後者を選びたいと思います。最近皆お感じだと思うのですが、明らかに割安!と言える銘柄が減ってきております。

四季報の効果的な使い方とは?

四季報の読み方なる本もいくつか発売されております。
一応、過去に一通り目を通したのですが、私には
合わないものも多かったです。

一応、私はこういう読み方をしています。
効果的な使い方とは言えないかもしれませんが。。

・四季報を後ろから読む
→投資対象が大きい番号が多い事が多いので

・とりあえず通しで、レ点をつけて行く
→大きいザルですくって行くイメージ

・最後はIRとの比較
→やっぱりここのGAPが大きいと思うので比較は重要だと思います。

100人いれば100人のやり方があると思います。ただ私の見ているサラリーマン投資家さんのブログを見ると大きくやり方に乖離はないような気がしているのでまあ当面はこれで良いのかなと。

大事なのは「自分で」「判断する」ことだと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top