100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

【初心者必見】格安スマホや格安SIMってなんで安い?

【初心者必見】格安スマホや格安SIMってなんで安い?

今巷を賑わしている”格安スマホ”・”格安sim”ですがなぜ安いのか?懐疑的になっている方も多いと思いますので簡単に解説します。最近は、イオンさんや日本郵政さんなどが参画されていますね。

関連記事
MVNO(仮想移動体通信事業者)関連銘柄・関連株まとめ

MVNO事業者が格安スマホを提供

MVNO=Mobile Virtual Network Operator。要するに”仮想”ということで実際に基地局や伝送路などの設備を持たないでサービス提供を行う事業者のことです。

すごく簡単に考えると、自分の名前でdocomoなりauなりの携帯を契約して子供に使わせる。子供のお小遣いから通信料を貰う。こんなイメージです。

ちなみにVirtualじゃない、docomo、au、ソフトバンクはMNOと呼ばれます。単純に上から仮想を抜いてみるとわかりやすいかと思います。

この”仮想”である点が一番のポイントです。

安いのは安い価格で仕入れているから

格安sim仕組

表でわかりやすく表してみました。MNO(docomo/au/softbank/em)からMVNO事業者が安い価格で仕入れて、その安い価格をベースに消費者に対して、多様で安い価格設定を行うことで格安スマホが実現しています。
(仕入れとわかりやすく記載しております。実際は帯域借り等諸条件あることは認識済み)

ここでMNO事業者とMVNO事業者がなぜ安く仕入れられるかという点ですが、総務省の指導による圧力というのが半分以上かなと。実際MNOである携帯各社は反対をしてきました。

しかし、最近では一人1台携帯が普及しましたので新たな需要の喚起という事で携帯各社の考え方も変わってきているように思います。

問屋を通すのに安くなるの?

普通のものの考えだと、卸売業者であるMNOの携帯事業者から直接購入した方が安くなるのでは?と思うところですよね。

携帯事業者は通信料を下げられない

若干乱暴ですが、docomo/au/softbankは基地局の設備投資で年間4,000億〜8,000億(参考記事:ドコモが携帯のサービス維持に使っている衝撃の電力量)の投資を行っておりますし、その維持コストも莫大です。

また携帯電話を販売した際に「販売奨励金」として、各ショップを運営する販売代理店にお金を先に出しています。それを2年間の利用料で回収するモデルを取っています。

通信業インセンティブ

赤がキャリアのコスト、青が顧客からキャリアが回収する金額です。これはイメージですが、まあ大きく外れてはいないでしょう。実際ショットモデルでもアフター対応(オプション変更や機種変更など)のための継続手数料として一定程度通信料から販売店にシェアしているようです。

この辺りはティーガイアや光通信などの販売代理店のIR資料をご覧下さい。
(参考:光通信IR説明資料

携帯電話の主たる収入である音声とパケット通信については、LINEなどのチャットアプリの普及とパケット定額による頭打ち、そして100%に近い普及率により、これ以上伸びることが期待できません。

しかし設備投資や販売奨励金は継続して必要ですので、値段を下げられないのです。

ちなみにこの3GやLTEといった通信技術は世界共通ですので安易な値下は世界との競争力低下になるのでこれも要因。

MVNOなら通信料に応じて、MVNO事業者とMNO事業者間は従量課金となるようですし、違うブランドでの展開となるので表向きには安易な値下にはつながりませんし、simをMVNO事業者名でまとめて買ってくれるので、契約数のボリュームもあります。

MVNO事業者は最低限の投資で済む

MVNO事業者は携帯電話事業者(MNO)のように数千億の投資が要りませんので参入しやすく、MVNO事業者を支えるMVNE事業者(※)がおりますので、ここも参入しやすくなる要因の一つです。
※MVNE=MVNO事業者の課金や顧客管理等のオペレーションを支える会社

つまり最低限の投資で、世界最高水準のモバイルネットワークを使うことができ、ストックビジネスを開始できるということで今、巷の事業者は盛り上がっており、競争が生まれ、我々消費者は恩恵を受けている状態です。

ただし、MVNOもそんなに甘くない

ということで消費者としては、お得なサービスですが、MVNO事業者も最低限とはいえ投資はかかります。MNOに比べ割安な収入かつ解約率が高い事で、損益分岐点を超えるまでが大変です。

しかも、ブランド力では劣りますし販売網の構築も必要です。販売網にはMVNO事業者独自で広告費や成約に対してフィーを払わなければ行けません。

実際、開拓者の日本通信も赤字が続いていました。ここは利用する際も投資する際も注意が必要です。

後日、MVNO関連銘柄をUPしますので興味がある方はまたご覧いただけますよう、よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top