100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

ソフトバンクの買収(M&A)を担当した人の本を読んでみた。

ソフトバンクの買収(M&A)を担当した人の本を読んでみた。

パンダをいくらで買いますか?
著者  :野口 真人
参考度 :★★★★★
オススメ:★★★★☆

ソフトバンクのイーアクセス買収を担当したプルータス・コンサルティングの代表の方で結構有名人です。経営大学のグロービスなどでも教鞭を取られているようです。

・企業のM&Aにおける株価評価においては草分け的存在。
・カネボウ事件など、裁判所から依頼で多数の株価評価に絡む事件の鑑定人。
・トムソン・ロイターズによる2013年上期のM&Aアドバイザリーランキングでは三菱、野村、住友、大和グループに次ぐ第5位にランクイン。非証券系アドバイザリーでは最高位

ちなみに私この方の講演を聞いた事がありますが、とても物腰柔らかく頭の回転が早い方だなと。私の質問にも丁寧に答えてくださいました。

会計の知識がなくてもある程度は大丈夫

本当に噛み砕いて、身近な物に例えて書いてありますので会計の知識が無くてもある程度は大丈夫です。一定水準まではファイナンスの知識がどんどん入ってきます。

ビジネスモデルなどがイメージできる業種で例えているのも、良いと思いました。

何よりも、この手の会計系の本にしては字が大きい(笑)

株式投資をしている人は一読したほうがいい

筆者はあのソフトバンク・イーアクセスのM&Aを担当しております。ソフトバンクは時に市場よりも高い値段でM&Aをする事もありますが、後から考えると割安だったというものも多く、この点はシナジーなど買収後にもたらす企業価値の算定がうまいからであると推察できます。

その買収に定評のあるソフトバンクが信頼を置いているであろう、M&Aパートナーの方ですから、株式投資をしている方は、一読して損は無いと思います。

簡単なテスト問題もありますので、楽しみながら読めると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top