100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

「アップルとグーグル和解」スマホ特許訴訟停戦を考える

「アップルとグーグル和解」スマホ特許訴訟停戦を考える

週末に飛び込んできた大きなニュースです。AppleとGoogleの特許に関する訴訟が停戦です。日本のニュース番組では報道されていませんが、結構重大ニュースだと思っています。

■アップルとグーグル和解 スマホ特許訴訟が収束へ(日経)

(抜粋)
米アップルと米グーグルは16日、スマートフォン(スマホ)を巡る大型の特許紛争で和解した。和解により両社は、米政府が進める訴訟自体を目的とする会社への規制強化に向けて協力する。IT(情報技術)業界に君臨する2社の和解により、IT大手の間で頻発する訴訟合戦の時代が収束に向かいそうだ。

日本企業への影響

ご存知の方も多いと思いますが、スマホの特に通信に絡む特許はNTTdocomoが結経保有しています。その他にもスマホを製造する過程の特許というのは日本の企業が多く保有しています。

今後は特許の共同利用へ

特許戦争の象徴的な2社が停戦したことにより、今後は特許の共同利用が進みそうです。互いにロイヤリティを支払い合うことで余計な訴訟費用も抑えられますし、訴訟リスクも低減します。

わざわざモトローラを買収(後にレノボに売却し、損切り)してまで行われていた特許戦争が停戦したことにより、NTTdocomoを初めとする多くの日本企業には影響を与えそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top