100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

[NISA]GMOインターネット(9449)は凄い!

[NISA]GMOインターネット(9449)は凄い!

私のNISA主力銘柄である[9449]GMOインターネット。本当に凄い会社だと思っているので、ここで整理しておきましょう。私がこの会社が凄いと思っていることを書いて行きます。

ここがすごい!GMO!

同社の凄い点を、ものすごくざっくり言うと・・・

・あなたの見ている国内インターネットサイトのドメインの92%はGMO経由。毎月ちゃりんちゃりんお金がGMOに入っているのだよ。
・あなたの見ている国内インターネットサイトのサーバーの50%はGMOのサーバーだよ。れも毎月ちゃりんちゃりんお金がGMOに。
・その他にネット系で儲かりそうなことは上位のシェアを誇っていて、黒字もしくはすぐに黒字化可能な状態。
・それらをガンガンクロスセルしていくぜ!ちなみにこれまではそのクロスセルで6〜7倍の売上が確保できているよ。

ということで売上の大半が、ストックビジネスである点が大きいです。もちろんフロービジネスもあるのですが、ストックビジネスが大半であることから、相当的確に利益をコントロールしているなと。

GMOは日本式Amazon

あえて誤解のある言い方で書くと”あえて利益を出していない”と言えるのが同社かなと思います。

ストックビジネスですから毎月利用者からの安定的な、収入があります。ストックビジネスは、フローと違い、年間契約や契約更新月、違約金などが設定されていますので、貸し倒れ以外は契約に基づいた収益が既に約束されている訳です。加えて、固定費もある程度コントロールが出来るビジネスかなと。

つまり、
GMOは「かなり精度の高い売上」ー「コントロール可能な固定費」=利益
という計算式が成り立つわけです。

この強固な計算式を持っている同社はとにかく投資を惜しみません。言い方を変えれば、約束した利益以上は投資に充てています。投資をやめれば20%以上の利益成長は軽く出来そうですが、あえて、投資を繰り返しています。

今期は新ドメイン「.tokyo」などに10億円の広告費を投入すると明言しています。ちなみにこの10億無ければ、20%成長はクリアですから。

新ドメイン「.tokyo」に期待

「.tokyo」「.nagoya」など新しいドメインを同社は販売を始めるとのことです。目標はGDPなどから計算して、数百万件。単価は1,000円未満のようです。

これには大きな可能性。なんと粗利が90%前後!
※ちなみにco.jpや.comは10〜15%程度のようです。

仮に月980円で(co.jp並み)で100万人利用したとすると月に9.8億円の収入となります。年100億規模。本当に粗利が9割近くだとすると本当に恐ろしい事になります。

ということでNISA向きかなと思い、現在は400株程保有。今後も定期的に拾って行く予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top