100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

松屋のプレミアム牛めしは売上にどんな影響があったか?初月月次を見てみよう。

松屋のプレミアム牛めしは売上にどんな影響があったか?初月月次を見てみよう。

プレミアム牛めし

値下げが常套手段だった牛丼業界ですが、大手の中で先んじて価格転嫁に踏み切った松屋のプレミアム牛めし。

以前より、当ブログでは安易な値下げは牛丼の価値自体を毀損するものとして、記事にしておりましたので、今回の松屋のプレミアム化には注目して行きたいと思います。

なお、プレミアム牛めしは7月下旬から順次販売。8月からは過半数を超える600店舗超で展開されており、実質的な影響が出る今月を初月として捉えております。

注目の初月は、客数減で客単価増加

松屋2014月次8月
(引用:松屋IRより)

松屋全体の店舗数だけ見ると、昨年比で5店舗(全1,037店)しか変っておらず、その影響も1%未満ですので、ある程度パーセンテージをそのまま受け取っても良いかと思います。

既存店の客数が減り、単価が上がっています。おそらく評価の分かれる月次です。

客数の多いであろう、松屋(牛丼業態)の店舗数が昨年比でマイナス14店舗数(全970店)ですのて、この影響は鑑みる必要はありますが、7月もほぼ同条件ですので、純粋にお客さんは少し減ったのだろうと思います。

しかし、単価が前月比でも4%改善しており、プレミアム効果は見て取れると言っていいでしょう。

個人的には、客数をこの水準で維持できれば既存店売上高も伸びていることから、プレミアム牛めしは業績改善に一定の期待が持てると言っていいでしょう。

ただし、新商品初月の物珍しさも多少はあると思いますので、投資対象外ですが、継続してウオッチして行きたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 牛丼業界といえば今年すき家のゼンショーを優待、配当取りした後薄利確定できたのでまあよしとしました。今度は松屋フーズウォッチしてます。すき家は増税後に便乗値上げしたので行く気なくなりました。

    • UAさん
      コメントありがとうございます。

      松屋はじょうずですよね。プレミアム化して
      便乗値上げに見せない点が勝ちだと思います。

Return Top