100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

アリババ上場。どんな会社?関連銘柄はあるか?

アリババ上場。どんな会社?関連銘柄はあるか?

アリババ
間も無く上場するアリババ。
(引用:同社HPより)

今年最高のIPOなだけに注目を集めています。サービスが主に中国ですので日本では馴染みが、既に中国では圧倒的なポジションであることはもちろん、中国以外への企業の出資やM&Aも盛んですので、いつ自分の投資先が関連銘柄になるかわかりませんのでチェックして行きましょう。

日本でもSBIなどから買い付けが可能なようですので、興味のある方は是非。

創業者であるジャック・マー(馬雲)

ジャック・マー
先日のソフトバンクワールドというソフトバンクの法人向けセミナーで公演。私も参加したのですが、取れませんでした。会場の人に聞いたところ、孫正義氏の公演と並んで瞬殺で席が埋まったようで、日本経済界でも注目は高い模様です。

元々は英語の教師だったジャック・マー。その後アメリカに渡り、インターネットに触れ、中国のビジネス情報サイトを立ち上げたのが同社設立のきっかけだったようです。

大株主であるソフトバンクが同社へ投資した理由として、ソフトバンクとの最初の面談時にジャック・マーの「声をかければ20万にの人を集められる」という発言に対し、孫正義氏がそれに感銘を受けたという逸話が残っています。この辺は諸説ありまして「目を見て決めた」という逸話もあります。

いかに中国とは言え、20万人を集められる人間は多くはないでしょうし、孫正義氏を前にしてハッタリも通用しないでしょうから、おそらく事実でしょうし、その発言が出来る事自体も彼のカリスマ性を物語っています。なお、現在はその手腕を買われてソフトバンクの取締役に就任しております。

中国インターネット3強の1社。課題はモバイル・海外。

アリババ事業とは一覧
先日ブログで取り上げたテンセントもそうですが、中国で総合的なインターネット企業です。テンセントに比べると、ややモバイル分野が遅れているようですが、稼ぎ頭のeコマースでは中国市場の8~9割ほどを押さえているようで、顧客基盤は当面盤石と言えます。同社の今年第2四半期(4―6月)の総売上高約25億ドルの95%以上はeコマース事業から来ています。

テンセントが大きくリードしているモバイルアプリについては、出資などを通じて参入しており今後の情報については注視したいところ。併せて海外売上についても布石を打っているようですので、今回のIPOを通じて更に投資を強めるのは必死でしょう。

(参考:WSJ)
アリババ、モバイルゲーム事業の勝算
アリババ、物価高のブラジルで人気高まる
アリババ、投資家の要望受けて目論見書に新たな詳細

アリババ関連銘柄はかなり少ない

アリババ関連銘柄は明らかになっているものはかなり少ない。ソフトバンクが大株主で存在することや光通信がソフトバンクとアリババの3社で合弁会社を作っていた(現在は解消?)ので、公になっているのではこの程度かなと。デジタルガレージの子会社ベリトランスGMOペイメントサービスでアリペイと国際決済サービスで提携がある程度か。

かなり限定される関連銘柄を追うよりは、国内の証券会社からアメリカ株として買うのが良さそうかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top