100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

ソフトバンク(9984)がBuzzFeed(既に出資済)の日本進出に絡むか注目。

ソフトバンク(9984)がBuzzFeed(既に出資済)の日本進出に絡むか注目。

BuzzFeedソフトバンク日本

最近投資系の情報が追いかけられていませんが、ソフトバンクが本日インドネシアのECへの出資を発表するなど投資戦略を加速させています。もちろんそれも注目なのですが、足元で注目しているのは世界屈指のBuzzFeed(バズフィード)のソフトバンクの出資具合と日本進出です。

ソフトバンクは既にこのBuzzFeedに出資済。しかも比較的早い段階での出資をしておりある程度の出資比率にあるのではないかと推察しております。(非開示)

BuzzFeedとは?

創業は2006年と現在8年目になります。ハフィントンポスト(11年に米ネット大手AOLが買収)の共同創業者であるジョナ・ペレッティ氏似よって設立。SNSでの流入が70%とスマホ時代を背景に爆発的に伸びてる企業です。報道ではディズニーが一時買収を計画するなど注目度が高いことは言うまでもありません。

既にユニークユーザーは1.5億人規模

報道などの情報を元にすると2014年7月の月間ユニークユーザー(UU)数は1.5億人規模となっており、8月に増資した際は時価総額850億相当の評価を受けています。ライバルのUpworthy(アップワージー)も近しい評価を受けており、仮にIPOをするとなればこれを超える時価になると推察出来ます。

2013年の売上は6,000万ドル前後と言われており、倍々ゲームの売上増加で来ているようです。(ということは今年は100億以上の売上高になる?)

この勢いもあって、私は今後の展開次第では次のアリババやヤフーになると思っているぐらい期待しています。(後述します。)

他社と異なるクオリティ

日経新聞の記事The Huffington Postの記事(英語注意)によると、編集者を独自で抱えたり、クオリティの低い過去記事を大量に削除したりと低レベルのバイラルメディアが乱立する中、レベルの高いメディアになろうと模索しているように見えます。

ソフトバンクの動きに注目

日経新聞の記事でバズフィードの国際事業担当トップ、スコット・ラム副社長が以下のように述べています。

ドイツでは、パートナーを持たずに独自で事業を立ちあげた。(中略)日本でも、同じような方法をとることになると思う。(中略)ただ、日本企業でバズフィードの立ち上げをパートナーとして支援したいという企業があれば、話し合いを持つことに関心はある。(日経新聞:米ニュース界の風雲児「バズフィード」日本上陸へより引用)

Yahoo!Japanはもちろんのこと、PayPalやUstream、過去にはMySpaceなど海外企業の日本向けカスタマイズには積極的なソフトバンクがどう動くか注目しています。

FaceBookもマーク・ザッカーバーグも先日の来日時に発言していますが、モバイル分野のマネタイズについて日本は相当先行しています。

つまり、一番マネタイズに成功している日本での展開なしで850億の時価総額の評価をされているBuzzFeedですので、ソフトバンクがたくさん出資していることを期待しますし、その上で次のアリババやヤフーのような期待をしてしまう訳です。

ただし、日本におけるライバルは多い

先日、DeNAがキュレーションプラットフォーマーになるIRを出しましたが、バイラルメディアの数も多いですし、キュレーションアプリも多いので海外のようにBuzzFeedがそのまま日本で受け入れられるかは不透明です。

引き続き注目して行きましょう。

ソフトバンクの関連記事
時価総額200兆円に向けて好発進
過小評価されていると感じる3つの理由

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top