100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

任天堂(7974)、マリオなどの人気キャラを外部利用容認へ

任天堂(7974)、マリオなどの人気キャラを外部利用容認へ

任天堂1

【img via 大乱闘スマッシュブラザーズ HP

任天堂が、毎日新聞のインタビューの中で「スーパーマリオ」などの任天堂が有する人気キャラクターを外部企業で活用する事で収益を得るビジネスを開始する意向を明かしました。

「スーパーマリオ」など同社のゲームの人気キャラクター活用を外部企業に認めて使用料を得るライセンス事業を新たな収益源にしていく考えを示した。キャラのイメージや価値を損なわないことが条件で、スマートフォン向けゲームをヒットさせたソフト会社が任天堂のゲーム専用機向けに移植版ソフトを展開する場合のほか、自動車など異業種の広告に活用してもらう。岩田社長は「時代の変化に対応し、収益機会を最大化する」と説明した。(引用:任天堂社長、人気キャラのライセンス事業、新収益源に<毎日新聞>)

マリオの更なるブランド化へ

ライセンス事業というと任天堂やサンリオなどが挙げられます。ライセンス事業は利益の多くを担う事が多いので、任天堂の利益を改善するだけでなく、「マリオ」などの人気キャラクターを更にブランド化することが出来ます。

ゲーム機自体が売れなかったり、ゲームの時間が減少していることで、任天堂の単一プラットフォーム上だけの展開では、だんだん「マリオ」に触れない人が増える事が予想されます。私自身の経験で入えば、10年程度マリオに関するゲームをプレイしていません。こういった人が増えると、マリオのブランド価値にも影響を与えます。

ライセンス事業はこれらの解決手段となる可能性があります。何らかのもので「マリオ」へ触れる時間が増える事により、本業にも良い影響を与えるのではないでしょうか。

プラチナチケット?

ライセンスを獲得する方は、プラチナチケットを手にする可能性があります。少なくとも最初の数件は勝手に周囲が宣伝してくれるでしょうから、黙っていても注目されるでしょう。これからこのプラチナチケットの動向を追う日々が続きそうですが、現時点ではガンホーが有利ですかね?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top