100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

日経急落のその時

日経急落のその時

本日、東京株式市場は大きな下落を記録しました。

日経平均株価は急落し、下げ幅は一時、前週末比937円03銭まで拡大した。終値も895円15銭安の1万8540円68銭と今年最大の下げ幅を記録、2月23日以来半年ぶりの安値となった。(時事通信)

週末の先物の下落から、本日寄り付きの下落は想定内。下落時の動きを検討していた投資家もtwitter上では見受けられましたのである程度の指値などが入っていたものと推察します。私自身も幾つかの指値を行い、薬王堂と丹青社をぶん投げました。本日は会議続きで日中機動的に動けていればなと思う場面もありましたが、まあこれも兼業投資家の運命と割り切りました。

ぶん投げた銘柄は、どちらもある程度根拠がある中で保持していた株ですが、売りポジションを取っていない中でフルポジというのは避けたく、余力確保のため売却。大きな損失を出してしました。現在、先物がさらに下げていますので明日も損失は免れないでしょうね。(引けにインバースも検討しましたが・・・)

今回こそ生き残りたい

私はリーマンと震災で大きく資産を吹き飛ばした経験を持っていますので、必要以上に信用リスクを取れないので、アベノミクスのボーナス相場で大きく取ることもできませんでした。しかし、前提として今はもう退場しないことにウェイトを置いています。30歳を過ぎておりますのでここでの退場はデメリットの方が多いためです。

明日も相場は続きますが、可能な限り、落ち着いて対処したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top