100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

iOS9より通称アドブロックという広告ブロック(非表示)機能が搭載?影響は?

iOS9より通称アドブロックという広告ブロック(非表示)機能が搭載?影響は?

iOS9から「Contents blocker」という広告ブロック(非表示)機能が搭載されるそうです。ユーザーにとっては通信速度が上がったり、パケット使用量が低下したりとプラスの側面が大きい反面、この機能が普及すると,広告で成り立っている業者は大打撃を受けるのは間違いないです。(ソース:iPhoneMania

特にフリーミアムのビジネスモデルで、一部を広告で支えているようなサービスは転換するのが難しいと予想しますので苦しいのは間違いありませんね。

広告を扱っているところ、広告に出稿しているところは注意が必要

広告代理店などで商品として扱っているところは、広告を表示できる先が今までよりも減る可能性がありますので影響すると思われます。また
広告の場所を提供している企業も同様です。

意外と注意すべきは、広告を出している企業。影響はすぐは出ないでしょうが、リテラシーの高い人ほど設定すると思うので、この層のユーザーへ広告をリーチできなくなる可能性がある点は頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

iOSのリリースは日本時間で9/17の予定ですので、しっかりと事実確認をしたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top