100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

決算プレイ(決算跨ぎ)の難しさ

決算プレイ(決算跨ぎ)の難しさ

10月に入り、決算が徐々に出てきております。本格化するのは来週以降から来月にかけてでしょうが、既に多くの決算や修正が出ております。

個人投資家に人気の銘柄の決算も出ており、トレジャーファクトリーは進捗率が急激に悪化したことにより増収増益を確保したにもかかわらず、大幅な値下がりに。また私がカバーしていた薬王堂も上方修正を下にもかかわらず、期待値以下だったのか決算を発表した先週よりも値下がりしています。

決算プレイのハードルは毎年上がる

ここ数年ですが、個人投資家のスキルUP(もしくは利益を出した方しか市場に残っていない)やツールの発達により、個人投資家のの期待値が上がっているように思います。もちろん少ないPV数ですがブログで期待値を上げてしまっている私も含め。

そのため、少しでもハードルに届かないことがあると必要以上に値を下げることが多いように思います。定量的にデータを取れないので定性的な話になりますが。。。

少なくともここ数年、決算プレイで下手くそながらも利益を上げてきた私はそう感じます。そしてそれが通じないのでパフォーマンスを下げているという局面におります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top