100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

介護業界関連銘柄に改めて注目しています。

介護業界関連銘柄に改めて注目しています。

介護業界関連銘柄に今、改めて注目しています。

いくつか理由があるのですが、まもなく最大の需要期を迎えること、改めて見るとストックビジネスとしての安定性があること、そしてちゃんと経営してる会社の収益性の高さなどが挙げられます。

最大の需要期は実はこれから

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e9%96%a2%e9%80%a3%e9%8a%98%e6%9f%842

【img via Homes 介護

まず最大の需要については、団塊の世代と呼ばれる人口が最も多いこの世代が、まもなく介護の対象となる世代となることです。

ある調査では年齢は70歳以上から始まるという調査結果が出ています。団塊の世代は現在60歳代が大半かと思われますが、この世代がまもなくこの70歳代に差し掛かります。

そして、これらの世代が平均年齢まで健康に生きられた場合、この需要は10年以上継続するということが見込まれます。

株価は期待と需要を先取りして上昇しその後下落に転じることがよくあります。ITバブルなどはその最たる例かと思いますが、その後、正しく成長した企業は、低迷した株価が後に正当に評価されています。

介護においてはその成長を先取りした上昇が2000年代中盤に一度既に行われていると言うのが私の見解であり、今後は成長に応じ正しく評価されるフェーズがやってくると考えます。

現在は、参入障壁が低くたくさんの業界からたくさんの企業が参加してきています。需要と供給のバランスからこの参入障壁が低い状態は一定程度続くと考えますが、現在も需要に対して供給が追いついていない状況であり、過当な価格競争を避けられると考えます。

魅力的なストックビジネス

次に、安定したストックビジネスの点ですが、各社の経営状況を見ても介護報酬の増減にかかわらず、一定程度の売上確保できており、介護報酬の改定が行われた後に低迷した業績は、会社にも寄りますがその後、回復させております。これはストックビジネスという安定した収益源がある為、変動費のコントロールである程度やりくりできるからだと推察します。

SOMPOケアメッセージやワタミの介護は高い営業利益率を確保しており、買収先がこれらの会社を高い値段で買った事を肯定しています。

ワタミの介護
H25 売上330億 営業利益50億
H26 売上378億 営業利益36億(※13ヶ月決算)
h27 売上354億 営業利益22億

SOMPOケアメッセージ
H26 売上788億 営業利益67億
H27 売上789億 営業利益73億

SOMPOケアメッセージやワタミの介護が高い利益率を確保できているのは、中価格帯と言うこともあるかもしれません。ご存知の通り段階の世代は1億総中流家庭と言われるほど中間層の割合が高い世代でもあります。

以上のことから介護業界に関して私は新たな視点で目を向けでおります。なお、この業界の初回分析においては、Homesのサイトがわかりやすいのでシェアします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top