100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

100man1oku|サラリーマンが株で100万円を1億円にするブログ

ソフトバンク

ソフトバンク・ソフトバンクグループ・孫正義に関する記事を書いています。

1.5年前のソフトバンク孫氏のコメントからアーム社買収を考える

1.5年前のソフトバンク孫氏のコメントからアーム社買収を考える

ソフトバンクが英ARM社の買収を発表しました。3.3兆円というとてつもない買収で日本企業のM&Aとしては過去最高じゃないかな? 【img via ソフトバンクHPより】 そんなARM社の買収理由がIoTへの投資となりますが、孫氏は以前に当ブログで記事にしたように通信キャリアとしてはIoTは儲からない発言をされ...
スプリントの2016年3月期の決算を振り返る

スプリントの2016年3月期の決算を振り返る

ソフトバンクグループ傘下のスプリント(Sprint)が、2016年3月期の決算を発表していました。私のポートフォリオ上位ですので簡単に振りかってみましょう。 備考の青字は私の目線でポジティブだと捉えている点です。順番に見ていきましょう。 財務面 まず、EBITDA(償却前営業利益)です。携帯電話の事業は設備投資が大きい...
スプリントを買っている理由(ソフトバンク決算からの分析)

スプリントを買っている理由(ソフトバンク決算からの分析)

ソフトバンクが本日2016年3月期の3Q決算を発表しました。説明の大半はスプリントに割かれており、同社の改善に関して孫氏から力強い言葉が述べられました。発表内容自体は先日のスプリントのIRをほぼなぞったものでしたが、孫氏の発言からは強気の発言が目立ちました。 ◆「ソフトバンクはスプリントで苦しんでると、スプリントが重荷...
ソフトバンクが最近投資している先を見てみる

ソフトバンクが最近投資している先を見てみる

昨日に引き続き、ソフトバンクの記事です。 昨日の記事で触れましたが、ソフトバンクの先見の明に変化がないのであれば、少し先のテーマ株はソフトバンクの動向を見ればある程度把握できるという仮説の元、見ていきましょう。 インド・EC・シェアリング・フィンテック・解析など 【img via CrunchBase】 CrunchB...
ソフトバンクの6年前の予測が当たりまくっている件

ソフトバンクの6年前の予測が当たりまくっている件

「最近賑わっているテーマは何でしょうか?」 2016年1月の今日、これを投資家の皆様にお伺いすると「IoT」「AI」「VR/AR」「ドローン」「ロボット」「バイオ(ガン・再生医療)」などは欠かせないテーマかと思います。 今日、この賑わっているテーマを2010年に俯瞰していた企業があります。それがソフトバンク(現ソフトバ...
ソフトバンク孫氏が考える成長分野とは?(ソフトバンクワールド2015)

ソフトバンク孫氏が考える成長分野とは?(ソフトバンクワールド2015)

今年もソフトバンクグループが主催するプライベートセミナーのソフトバンクワールドにお誘いいただきまして、ソフトバンクワールド2015に行ってきました! このイベントは毎年新しい提案をしてくれるので大変楽しみにしています。ライブ中継などもありましたのでご覧になった方も多いと思いますが、いつになく「未来」に関する提案が多かっ...
孫 正義氏、「M2Mは逆ザヤ」発言からIoTを考える。

孫 正義氏、「M2Mは逆ザヤ」発言からIoTを考える。

ソフトバンクが2015年3月期決算を9日発表しました。その中で、同社代表の孫正義氏から気になるコメントがありました。 「M2Mは逆ザヤ」 同社の決算発表内の質疑応答で、記者からの質問(説明会動画:1時間13分〜)で「携帯の純増数」に関する質問への回答として、携帯端末やMNPなど実態に注力する一方で、みまもり携帯やフォト...
ソフトバンク(9984)、研修の内製化にみる超合理的主義

ソフトバンク(9984)、研修の内製化にみる超合理的主義

ソフトバンクの社内研修制度について、年末に日経に取り上げられていました。現在、私は同社の株を持っておりませんが、やはり合理的だなと思う次第です。私の他の保有株もこれぐらい合理的だと投資家としてはありがたいのですが、どうでしょうか。その理由について私なりの解釈をしてみたいと思います。 ソフトバンクが社員を講師としてグロー...
パズドラ、中国進出はテンセントと協業か?

パズドラ、中国進出はテンセントと協業か?

【img via ガンホーHP】 日経新聞WEB版の12月7日の報道によると、ガンホーの中国進出のパートナーはテンセントとなりそうです。既にmixiのモンスターストライクを中国で展開する事を発表していますが、テンセントが日本の良質なコンテンツを求めていることは明白です。(あまりリリースされませんが、バンダイナムコやスク...
インドから撤退したドコモ、進出するソフトバンク

インドから撤退したドコモ、進出するソフトバンク

docomoとソフトバンクは携帯キャリアとして、よく比較の対象に上がります。 近年、携帯電話の料金や販売戦略については互いに”追随”することが多く、差が付きにくい状況がありますが、”投資”については真逆の姿勢がありました。 インドから撤退するドコモ・逆に進出するSB ■インドTata Teles...
Return Top